日本製ペ二ス増大 アンドロヤマト アンドロエクステンダー
男性増大 特許取得 アンドロヤマト 消耗品・パーツ ヘッドキット 装着方法 よくある質問 ご注文 カゴを確認

 メニュー
  HOME
  男性増大
  特許取得
  アンドロヤマト
  消耗品・パーツ
  ヘッドキット
  装着方法
  ご注文
  カゴを確認
  よくある質問
  お問い合わせ
  特定商取引法の表示
 その他
  お客様の声
  自作アンドロヤマトヘッド
 商品の梱包について

発送は、中身がわからないよう無地の箱でお届けします。

配達伝票に記載する品名はご希望の内容に変更可能です。

ご家族に知られず受取りたい方は営業所止めをご利用ください。








 お支払い方法

ジャパンネット銀行
ヤマト運輸コレクト便
VISA/MasterCard/JCB
AMEX/DINERS






FAX注文用紙ダウンロード
必要事項を記載のうえ
送信してください。

FAX:03-5539-4619

特許取得

アンドロヤマト 特許取得 日本 アメリカ 韓国

≪特許を取得!アンドロヤマトV3≫

アメリカ特許 US7828718B2
韓国特許 No.1242946
日本特許 4656591号 特開2009-240461 ぺ二ス運動器具


初期におけるぺ二ス伸張の痛みの原因となる強い引きとならず、初心者から少ない痛みで長時間の使用が可能になり、外れ難くできるぺ二ス運動器具を提供する。

※「アンドロヤマト」、「アンドロエクステンダー」は弊社の登録商標です。

【発明の名称】
  • ぺ二ス運動器具

【課題】
  • 初期におけるぺ二ス伸張の痛みの原因となる強い引きとならず、初心者から少ない痛みで長時間の使用が可能になり、外れ難くできるぺ二ス運動器具提供する。

【解決手段】
  • 男性のペ二ス(1)周囲の体表面側に当接されて取付けられる装着部本体(11)と、装着部本体(11)の表面にペ二ス(1)を挟む両側に位置するように一端部側が回動可能に取付けられた一対の支持棒(14,14)と、支持棒(14,14)の両端部側に装着可能に取付けられてペ二スの先端側の亀頭(4)が支持されるよう当接される支持部(16)と、支持部(16)に取付けられる亀頭(4)の保持用のベルト(21)とを有する。

【特許請求の範囲】
  • 【請求項1】
    男性のぺ二ス周囲の体表面側に当接されて取付けられる装着部本体と、この装着部本体の表面に前記ぺ二スを挟む両側に位置するように一端部側が回動可能に取付けられた一対の支持棒と、これら支持棒の両端部側に装着可能に取付けられて前記ぺ二スの先端側の亀頭が支持されるよう当接される支持部と、この支持部に取付けられる前記亀頭の保持用のベルトとを有することを特徴とするぺ二ス運動器具。

    【請求項2】
    前記一対の支持棒は、前記ぺ二スの長さに応じて長さ調整可能に形成されているとともに、スプリングの付勢力に抗して前記装着部本体側に押し込み可能に形成されていることを特徴とする請求項1記載のぺ二ス運動器具。

    【請求項3】
    前記一対の支持棒は、前記スプリングの付勢力に抗して前記装着部本体側に押し込んだときの状態をロックすることで短くした状態を保持できる機構に形成されていることを特徴とする請求項2記載のぺ二ス運動器具。

    【請求項4】
    前記支持部は、前記亀頭の裏面側が当接される凹部形状の保持部に形成にていることを特徴とする請求項1記載のぺ二ス運動器具。

    【請求項5】
    前記支持部に取付けられる前記亀頭の保持用のベルトは、前記亀頭の大きさに合わせて保持するよう調整可能に取付けられいることを特徴とする請求項1記載のぺ二ス運動器具。

【公開番号】
  • 特開2009−240461(P2009−240461A)

【公開日】
  • 平成21年10月22日(2009.10.22)

アンドロヤマトの形状、構造などは特許法により守られています。
そして特許を取得している製品は、アンドロヤマトだけです。



Copyright (C) 2008 ANDRO PRODUCTS, Inc. All Rights Reserved.